スポンサーリンク

こんにちは。
思ったより雪少ないけど満足😊 今日行って来た白川郷合掌造り集落です。
これから、飛騨高山&世界遺産白川郷へ旅行計画中の皆さん参考までにどうぞ~♪

白川村周辺の一般道(国道156号線)道路に雪はございません。合掌集落内の散策道も雪は無いです~♪
※お車は冬装備で、暖かな格好でお越しくださいませ♪

これからですとこのような看板に気を付けないといけないのですが、屋根に雪が無い状況ですー

白川郷 かん町 付近



白川郷 天守閣展望台






白川郷 国重文 和田家合掌造り周辺



水面に逆さ合掌

白川郷関連ニュース

観光地イベントでは全国初となる完全予約制を導入した、2019年白川郷ライトアップが無事終了しました。

2月20日(水)10時0分 ドリームニュース

合掌造り集落としては日本最大規模を誇る岐阜県白川村荻町で行われた冬恒例イベント「白川郷ライトアップ」が、2019年1月14日から2月17日の計6日間のイベントを無事終了しました。

■完全予約制導入のきっかけ

人口600人弱の集落に例年1日8,000人、多い時では10,000人を超す来場者数に渋滞、混雑、違法駐車、観光客と住民とのトラブルなどが後を立たず、イベント催行には何かしらの手を打つ必要がありました。

第33回目となる今年から、マイカーの駐車場利用と集落を一望できる展望台行きシャトルバスの乗車券の完全予約制を導入し、オーバーツーリズム(過剰な混雑)克服に向け一歩を踏み出しました。

予約制を導入することで、大きく下記3つのポイントを改善することに努めました。
・地域住民の幸福度の向上
・観光客の満足度の向上
・観光客の安全確保

■改善点

来場者の7-8割が訪日外国人(インバウンド)観光客ということもあり、地域住民で構成するライトアップ委員会がインバウンド体験ツアーなどの実績がある旅ジョブ(岐阜県飛騨市)に完全予約制の運営・管理を委託しました。

完全予約制を導入することで、下記の点を大きく改善することができました。
◎渋滞解消: 例年駐車場に入るまで1-2時間の渋滞は常態化していたが、今年は長くても10分程度に。
◯混雑解消: 例年の3分の2から半数の来場者数へ。但し、最適な数字は議論する必要あり。
◎違法駐車: 例年1日50台以上あったが、今年は数台程度へ。
◎イベント収益: 来場者数は減少したが、値上げにより大幅に改善。
◎周知: ライトアップと知っていて来場したお客様は1日3-4組程度。
◎キャッシュレス化: 事前決済のため、現地での現金のやりとりは一切なし。
◎人手不足: 例年15-20人の地域住人ボランティアを配置していたが、今年はゼロへ。
◯地域住民と観光客のトラブル: 特に大きなトラブルなし。

また来場者数は半減近くにコントロールしたものの、食事処や土産処の売上は例年とほぼ変わらず、時間に余裕ができたお陰か行儀よく並ぶなどお客様の質も良くなったと喜んでいました。

■今後の課題

完全予約制を導入したことでこれまでに発生していた問題の8-9割が解決することができました。
しかし、多くの問題が解決する中で、これまで見えてこなかった課題が新たに浮き彫りになりました。

(1)日中の村内観光客の駐車スペース
例年の渋滞を巻き起こしていた一つの原因に、
"夜のライトアップイベントを目的に来られたお客様ではなく、日中の村内観光客も同じ駐車スペースを利用していたこと"が今回分かりました。
500台しか受け入れ能力のない駐車スペースに日中の村内観光客の車両が200-300台、そしてライトアップを目的に来られる観光客の車両が400-500台程度と見られます。
日中の村内観光客の駐車スペースをどうするかが今後の大きな課題になります。

(2)カスタマーエクスペリエンス(Customer Experience)
白川郷ライトアップにご来場されるお客様の期待値は高いのですが、
それが現場でのちょっとしたやり取りや態度でお客様にとって嫌な経験やネガティブなイメージに変わってしまうこともありました。
海外のお客様が多い中で、ガードマンや通訳案内人へのマニュアル共有・教育といった基礎部分の徹底も課題として上がりました。

(3)ドローン問題
多くの来場者がライトアップを鑑賞する上空でドローンが数台発見されました。
地元警察により、即座に飛行中止できた件もあれば、操縦者を発見できない件もありました。
イベント会場でのドローンは非常に危険で、禁止されているためこちらの対策も必要になってきます。
■どのような地域にしていくのか?という議論が必要

ここ最近オーバーツーリズムや観光公害というワードが話題になっていますが、
そもそも誘致の段階でどのような地域にしていくのかを設計できていないために引き起こしている問題とも言えます。
観光客数などの量だけではなく、地域住民の幸福度や観光客の満足度といった部分にも焦点を当てていくことが、持続可能な発展と感じています。

終わりの始まり。2020年に向けて上記の課題を改善していく議論がスタートしました。

観光地イベントでは全国初となる完全予約制を導入した、2019年白川郷ライトアップが無事終了しました。

白川村で敷地侵入やポイ捨てNO ピクトグラム7種設置

岐阜新聞Web

世界遺産・白川郷合掌造り集落のある岐阜県大野郡白川村は、外国人観光客らに「歩きタバコ」や「ポイ捨て」など禁止事項を分かりやすく伝えるピクトグラム(絵文字)の本格運用を始めた。

 同村には一昨年、約65万人の外国人観光客が訪れた。村によると、除雪でできた雪山などで遊んだり、住民の居住空間に入ったりする観光客がいるため、住民が自主的に多言語表示の看板を置くなどしてきた。だが、「統一感がなく景観を損ねている」との指摘も村に寄せられていた。

 ピクトグラムは、景観に配慮しながら注意を促そうと、京都女子大生活デザイン研究所(京都市)の監修で村が制作した。他に「敷地内侵入禁止」「落雪注意」「観光車両進入禁止」など計7種類。合掌集落になじむクリーム色の背景に、細い線で図形を描いた。

 村最大規模の合掌家屋「和田家住宅」(同村荻町)では、1日から「敷地内侵入禁止」の立て札5枚を試験的に設置。当主の和田正人さん(58)によると、危険な遊びをする人が減ったといい、「どの国の人でも分かるデザインだと思う。集落内で使用が広まれば」と期待した。

 立て札と壁掛け式のA4判2種と、柵と一体化したA3判の計3種。白川郷合掌造り集落の住民でつくる「白川郷荻町集落の自然環境を守る会」が有償で提供する。

白川村で敷地侵入やポイ捨てNO ピクトグラム7種設置

冬の白川郷に“異変”…岐阜・白川村で雪が少ない状態続く 雪下ろしなく除雪車もほぼ稼働せず

東海テレビニュース

13日午前の岐阜県白川村…。例年なら合掌造りの屋根を真っ白に覆う雪が白川郷を象徴する光景ですが、今年は屋根の大部分が見えているような状況です。

 実は今年、寒気が入っても長続きせず、岐阜県の豪雪地帯でも雪が少ない状態となっているんです。

野外博物館 合掌造り民家園 東繁代園長:
「例年ですと(積雪が)2メートルです。普通でしたら1、2月が(雪が)一番多いので…」

 白川村の観光施設「野外博物館・合掌造り民家園」。

 今年は屋根の雪下ろしをすることもなく、施設の除雪車もほとんど稼働しなかったそうです。

 去年の同じ時期に訪れたという観光客も…。

観光客の女性:
「昨年は本当に寒くて、足がかじかんでしまった思い出なんですけども、昨日はいいお天気で、逆にコートを脱ぐような暑さで、本当に同じ時期とは思えないような感じでした」

 施設には落雪注意の貼り紙もありますが、駐車場は黒いアスファルトが広く見渡せる状態です。

 白川村役場によりますと、この時期は例年除雪費用が足りなくなるため、補正予算を組むそうですが、今年はそれもないそうです。

冬の白川郷に“異変”…岐阜・白川村で雪が少ない状態続く 雪下ろしなく除雪車もほぼ稼働せず

スポンサーリンク
国内・海外ホテルの予約はBooking.com
Booking.com

Booking.com ブッキングドットコムは、ホテル・旅館等の宿泊施設に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。
宿泊予約コンテンツとしては世界最大の利用実績を持つ。
海外ホテルも国内ホテルも、予約するなら世界最大の宿泊予約サイトBooking.com( ブッキングドットコム)。国内のビジネスホテルや旅館の予約はもちろん、海外ホテルの予約も可能です。国内も海外もおトクに予約!掲載施設150万軒。泊まってよかった、と評判の宿が満載 宿泊者からの口コミ一億件・日本語でお問い合わせ可能・24時間 年中無休 サポート・キャンセル無料
白川郷周辺のホテル336軒. 今すぐホテル予約! - Booking.com
日本、白川郷付近のホテルをオンライン検索。お得な宿泊料金のお部屋を豊富にご用意。オンライン予約、支払いは現地ホテルにて。予約手数料なし。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事